最も安い英会話習得方法?

読みに来てくださって、ありがとうございます。
ほほ笑み そえる かすみそう です。
ママに笑顔を。
子どもたちに生きる力を。
そんな想いで活動しています。

私のプチ特技。
それは英会話です。
中学1年生のころ、学校で習った英語を
「使えるようになりたい!」
そう思ったのがきっかけで、我流で英会話学習を始めました。

「英会話教室」に通い始めたのは、外国語大学の4回生のころ。
でも、その頃には一通り会話はできるようになっていました。

というわけで、

帰国子女でなくても
留学経験がなくても
英会話教室に通わなくても
小さなころに英語を始めなくても

「英語は話せるようになる!」
と実は体験から確信しています。

お金をかけることなく、実は自宅だけで、英語が話せるようになる、
私が実践したことをちょっとご紹介いたします。

それは。。。

学校で習った英語を
自室で「使ってみる」
ことです。

“This is a pen.”

「こんな英語、実際使わないよ。」

そんな風に思っていても、頭の中にアメリカ人を想像して、
“This is a pen.”
って自室で言っていました。

アレンジして、This is a book. This is a dog.
なんて、できる限りアメリカ人っぽく。

そんなことをしているうちに、学校にネイティブの先生が登場するようになりました。
中学1年生の私は
“This is my textbook. I study English every day.”
毎日、お部屋で練習していた英語を
会話の流れなんて無視して話しかけて、
“Great!”って言ってもらって、すっかりいい気分に。

中学1年生から、受験の時期を除いて7年くらい。
多分大学の3回生くらいまで、ほとんど毎日のように
続けていました。

自分のお部屋なら、きっと誰にも気にせずに続けられます。
そして、”This is a pen!”をすぐにアレンジできるようになります。

この絵の外人さん、きっと「寿司」が読める自分は
日本語が話せる!って思っているはず。

私たち日本人も中学のころから長い時間英語を勉強しています。
“This is a pen.”のセンテンスも使いこなせます。

だから、実は「英語が話せる」んです。

そんな風にポジティブに、明るく、楽しく、
そして、お金をかけずに英会話にチャレンジしてみませんか?

留学せずに、我流でお金をかけなくても
英語は話せるようになる!
ちょっとずつではありますが、私が実践したことお伝えしますね。

あ、ただしちょっとだけご注意を。
「アメリカ人を想像して」英語を口にするのは良いんですが
あまりにリアルに想像していると、いつしか身体も動いています。

それを家族に見られたら。。。。
ちょっぴり恥ずかしいです。
これも実体験。

私の部屋のドアを開けた時の、父の反応。
またどこかで書かせていただきますね。

コロナウィルスで外出を控えている方。
こんな時だから、前向きにお勉強、いかがでしょう?
よければお試しくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。