うちの「緊急事態」でした。

読みに来てくださって、ありがとうございます。
ほほ笑み そえる かすみそう です。
ママに笑顔を。
子どもたちに生きる力を。
そんな想いで活動しています。

 

緊急事態宣言が解除されてから、もうすぐ1か月。

前回の記事から少し時間が空いてしまいました。実は少々忙しくしておりまして。

それは

息子の「学校拒否」再び。。。
です。

 

新型コロナが流行し始めたころ、学校が一斉休校になりました。
学童保育はありましたが、息子は完全拒否。

その後学校が再開されても、急に不安になったようで、1週間、10日とお休みをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

最終的に学校に行けるようになってからも、「心配」「コロナ怖い」と言い続けていましたが、
行けばお友だちもいて、それなりに学校生活を楽しんでくれていたようです。

 

が、今は

「学校おもしろくない!」

「黙って給食とかいや!」

「全部マスクしてたら、しんどい!」

と叫んでいます。

 

運動会もありましたが、1学年のみの「体育参観」のようなスタイル。

ダンスの練習でお友だちと教えあっていても、
「密集したらあかんよ~」と声がかかって、楽しい気分に水を差されてしまうようです。

 

息苦しい時代です。

 

 

 

 

 

それでも今年は

「ちょっと無理して学校行こう!」

と、「無理」をさせていました。

 

「行ってみれば、何か楽しいことを見つけてくれるのではないか」と
息子の「生きる力」に期待をしたからです。

説得したり、朝ご飯を充実させたり、時にはちょっと叱咤激励してみたり。。。

 

結果として、今日まであまり休まずに学校に行っています。

 

これから「ウィズコロナ」の時代と言われています。

この先、別の感染症が出ないとも限りません。

 

社会情勢で生き方を変えるのではなく、社会情勢に合わせていく力を持ってほしい、
と願って息子と接した1か月。

 

結果として

 

 

 

 

 

 

 

 

運動会の徒競走で1位に!

ダンスは小集団のリーダーになり、チームみんなで上手に踊る、という目標を達成!

もうすぐある遠足で、クラスリーダーに立候補!

 

と、息子なりに学校に行く意味と、楽しみを見つけてくれるようになりました。

 

行事に関連することばかりですね。。。

遠足が終わったらどうなるんだろう、とちょっと心配ですが、その時はその時です。

 

また、これから親子で話しながら進んでいきたいです。

 

今日も読みに来ていただいて、ありがとうございます。
またぜひお越しください♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。