私っておかしいの? ~詳しい自己紹介に代えて~

ブログを読みに来てくださったみなさま、ありがとうございます。
ほほ笑み そえる かすみそうです。
ママに笑顔を。
子どもたちに「生きる力」を。
そんな想いで活動をしています。

突然ですが、私には長らく「私っておかしいんじゃないか?」と心配していることがありました。

  • 母親の言うことに逆らえない
  • 妹のわがままに”NO”と言えない
  • 大きな声で話しかけられると、委縮してしまう

など、日常生活に影響を与える「何か」が私の周りにはいつもあるんです。

そんな、家族との関係性をうまく築くことができなかった私ですが、昨年両親が相次いで倒れました。
それまで住んでいた自宅を片づけること、両親を施設に入れる手続き、
それに加えて、両親と一緒に住んでいた妹家族の新しい家探しと、その契約のお手伝い。

「なんで私がこんなことまで?」
そんな風に思いながらも、なぜか拒否することができず、時間もお金も費やしました。

でも、それなのに、
「ありがとう」
って、ちゃんと言ってもらうことができなかったんです。

言葉で「ありがとう」はあるんです。
その次に、「でも、これが気に入らない」「でも、あれが足りない」って、
「満足してないですよ」って言われてしまうんです。

昨年1年間で、何回も「私っておかしいの?」って自分に問いかけました。
そして、分かったんです。

「私、おかしくない!!!!」

まだ、直接は言えませんが

  • 自分のことくらい自分でしろ!
  • 文句ばっかり言うな!

ってしっかり叫べるようになりたいです。

こんな、少し反抗期をこじらせている私ですが、ブログで少しずつ
私の生い立ちも紹介いたします。

もしご家庭で「何かうまくいってないかも?」と思ったときに、
何か参考になることがあったら、「私っておかしいの?」と考えて
悩んできた私の時間が、誰かのお役に立つということ。

そうなったら、すごく幸せです。

もちろん、読んでいただいて、ご家庭の素晴らしさを再認識していただくのも
とっても嬉しいです。

ちょっぴり暗かったり、重かったりすることも書くかもしれませんが、
面倒だと思ったら、読み飛ばしてくださいね。

最後に改めて、
私のブログを読みに来てくれて、ありがとうございます。
ぜひ、またお立ち寄りください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

お姉ちゃんなんだから